黄金の食事法で
「台所から自分革命」を!

My memories at Dokkyo

マクロビオティック=ダイナミックに人生を楽しむ方法

夏のある日、上原さんが主宰するサロン「Natural Kitchen Laboratoryマクロウタセ」にお邪魔し、料理 教室やご自身についてうかがった。「『マクロ』は大きい、『ビオ』は命、『ティック』は術や方法という意味。つまり、マクロビオティックとは『大きな命の方法』。長生きする方法などいろいろな解釈がありますけれども、私は『ダイナミックに人生を楽しむ方法』と捕らえています」上原さんは、微笑みながらこう語り出した。彼女を包むオーラはなんともやわらかく、耳に届く声はとてもやさしい。お肌は白くて、とてもなめらか。オーガニック食材を使った上質で豊かな食事は、人間の体や心をこんなにも変えるのかと、改めて食の大切さに気づかされた。上原さんとマクロビの出合いは高校生のころ。当時、若い女性に大人気だった雑誌『オリーブ』の記事を読んだことだった。だが、本格的な取り組みは、子供が生まれた30 歳の時。「子供にアレルギーがあったんです。どうやらお肉が体に合 わないようなので、お肉を使わず、おいしくて楽しくて体にいい食事ということで、マクロビの勉強を始めました」こうして、わが子にマクロビ料理を作るうち、同世代の子を持つママ友たちから教えてほしいと言われたのがきっかけで、料理教室を開くことになった。


My story

上原さんの歩み

「オリーブ」の記事

マクロビの出合いは高校生のころ。当時、若い女性に大人気だった雑誌『オリーブ』の記事を読んだこと。
記事に載っていた原宿のお店に友達と通ってみた。

在学中:小・中・高・大…、もちろん大学が一番楽しい!

友達にも先生にも恵まれ、楽しい四年間。海外留学したり、海外の食にも興味を持った友達にも先生にも恵まれ、
楽しい四年間。海外留学したり、海外の食にも興味を持った。

就職:中学の英語教師

大学の先生に親しくしていただいたので、教員になる夢を… 大学卒業後3年間、 中学の英語教師だった。

アレルギーのわが子に、おいしく楽しく体にいい食事を

アレルギーでお肉が体に合わないようなので、お肉を使わず、おいしくて楽しくて体にいい食事ということで、
マクロビの勉強を開始。
その後、同世代の子を持つママ友たちから教えてほしいと言われたのがきっかけで、料理教室を開くことになった。

料理教室では、理論も学ぶ

中学の英語教師だった経験を活かし、明快ですぐに役立つ情報ばかり。
教室を始めて13年目、のべ7500人の生徒さんが受講したという

 


My Career Path
キャリアパス


上原さんの料理教室では、理論も学ぶ。大学卒業後3年間、中学の英語教師だっただけに教え方は明快ですぐに役立つ情報ばかり。教室を始めて13年目、のべ7500人の生徒さんが受講したという実績もうなずける。
美肌やダイエット、体質改善のほか、シャンパーニュやコーヒーの楽しみ方など、女性にとってうれしい講座もたくさん企画されている。
「理由がわかると、お料理が苦手な人でもやる気になるじゃないですか(笑)。それに、私は食いしん坊ですし、1回の人生を思い切り楽しみたいと思っています。一般的なマクロビは、快楽的なことはよしとされていませんが、私は毎日の食事で体を整えておけば、時々のお酒やコーヒーは楽しみたいと思っています。やっぱり、楽しくないと続かないですから」


 

Future goals
今後の目標

これまでにレシピ本を4冊と食育本を出版。昨年は、プリンスホテルの社員研修で東京五輪に向けたベジタリアン料理の講演をするなど精力的に活動している。最後に、その日のレッスンで作った料理を、私たち取材陣にも振る舞ってくださった。どの料理も素材の味が引き立ったやさしい味で、食べた途端に心がほっこりするおいしさ。「台所から自分革命!」という上原さんのモットーには、「世界平和まで!」という続きがある。豊かな食事は豊かな心を作り、人間が幸せになれば世界が平和になる。上原さんの周りにたくさんの人が集まる意味がわかった気がした。

(2018.8 取材:出口恭子/写真・動画:高木大介)

Message for you

獨協生へのメッセージ
上原さんの料理教室では、理論も学ぶ。大学卒業後3年間、中学の英語教師だっただけに教え方は明快で、すぐに役立つ情報ばかり。教室を始めて13年目、のべ7500人の生徒さんが受講したという実績もうなずける。美肌やダイエット、体質改善のほか、シャンパーニュやコーヒーの楽しみ方など、女性にとってうれしい講座もたくさん企画されている。「理由がわかると、お料理が苦手な人でもやる気になるじゃないですか(笑)。それに、私は食いしん坊ですし、1回の人生を思い切り楽しみたいと思っています。一般的なマクロビは、快楽的なことはよしとされていませんが、私は毎日の食事で体を整えておけば、時々のお酒やコーヒーは楽しみたいと思っています。やっぱり、楽しくないと続かないですから」

上原さんのインタビュー動画は獨協大学同窓会公式チャンネルでご覧になれます。
https://youtu.be/a2DMoGvwq90

文中の記載内容はすべて取材当時のものです。