●同窓会公式サイトリニューアル中!Web サイト・アシスタント募集

同窓会では長年の懸案であった公式Web サイトのリニューアルに取り組んでいる。

現在のサイトが制作されて10 年以上経ち、その間にWeb 環境は大きく変化した。特にスマートフォンでの閲覧者が大半になりつつある現状では、デバイスの環境に応じて画面を最適化するレスポンシブ対応などは急務であった。
本年より同窓会ICT 委員会を中心に、「同窓会サイトリニューアルプロジェクト」が発足。来春までの全面更新を目指して作業を開始した。
制作中の新サイトのテーマは「見やすく使いやすいインターフェースデザイン」。DOKKYO ブルーを使用してさわやかで清涼感あるデザインが検討されている。
また、探したい情報にスムーズにたどりつけるようイト訪問者の動線を意識した設計を重視。通常、サイト運営側が伝えたいことの優先順位で構成を組むことが多くなりがちな中で、今後は訪問者の検索の背景などを分析し、知りたい情報を提供することで、「定期的に見たくなるサイト」を目標に制作を進めている。
 また今後のサイト管理では、特に専門的な知識が無くとも、誰でもリアルタイムで更新のできるシステムを導入予定だ。
いずれにしても今後は全員参加型の情報発信が重要となる。今回のリニューアルを機に、記事の更新や管理にあたるWeb サイト・アシスタントを広く募集します。
すでに打合せや実際の作業もほぼオンライン上で行われていますので、日中対応出来ない方や、もちろん地方の会員でも問題ありません。同窓会サイトに関わることで母校への関心も高まり、またホームページ等の知識やスキルも向上!これからのサイトの企画・運営には新しい世代の力が必要です。
                             ▶同窓会事務局 jimu@dokkyo.com まで

●速報!11 月13 日(土)二年ぶりに ホームカミングデー開催予定

中止になった卒業式当日、晴れ着姿で訪れた卒業生の写真を撮る光景も… (2020年3月20日)

新型コロナの影響で昨年も中止されていた大学と同窓会の共催イベント「ホームカミングデー」だが、今年は実施の方向で調整が進められている。

現在の計画では、今回招待されるのは2010年度卒業生と2019 年度卒業の同窓生。前者は東日本大震災直後、後者はコロナ禍でいずれも全体の卒業式がやむなく中止のまま、社会に巣立って行ってしまった。この2 学年の卒業生を招待してアリーナで当時の卒業式に代わる式典をする予定である。
「11 月13 日(土)午後開催」という日程以外に、当日の計画や申し込み方法等の詳細はまだ未定で、今後の感染状況を見極めつつ、実施の可否を含めた最終決定となる。今後の大学及び同窓会のWebサイトで決定次第発表の予定。要チェックだ!

 
 
●開催しました:獨協ドクターを囲んでの身近な感染症対策/ Q&A セッション

6 月30 日と7 月14 日の二回にわたり「獨協ドクターを囲んでの身近な感染症対策/ Q&A セッション」を開催、急な募集ながら各回20 ~ 25 名の卒業生に参加いただきました。

❶ Session Ⅰ(6 月30 日)
先ずは飯塚先生から分かりやすい感染症についてのお話。
「感染源」「感染経路」「宿主(人)」という3 要素の説明。ウィルスに特効薬は無いので、予防で防いで行くしかないことを軸に感染経路を絶つための、ソーシャルディスタンス
やマスク、アルコール消毒など…。政府や自治体のコロナ対策についても、「科学と経済・政治の両立はむずかしい」ということを念頭に医師として葛藤するお考えなども…。
後半は、一人1問のQ & A セッション。
「集団免疫について」「ワクチン接種の年代別感心について」「各国における、感染対策」「ワクチン接種と持病」「ワクチン接種後の副反応」「ワクチン接種後のコロナ予防率について」…。
一人一人の質問に、ていねいに分かりやすくお応えいただき、参加者も納得の表情。日々、もやもやしていたコロナの不安が先生のお話しで、スッキリとしてきました!
❷ Session Ⅱ(7 月14 日)
感染症に対する一般的知識を分かり易く解説いただいた前回のセッションⅠに加え、セッションⅡではこの一年半の日本や世界のコロナ情勢の解説と、今後の示唆をいただいた。さらに興味深い内容となりました。
直前に迫ったという今日オリンピックの感染対策や、小さい子供を持つ親の心がけ、変異ウィルスについて… とタイムリーで、どれも身近で分かりやす内容でした。
緊張が高まる医療分野を反映してか、急遽夜勤となった中でシフトの合間に病院の休憩室から緊急対応という一幕も。
そんな中でも、今回の趣旨に快くご賛同くださり、本学同窓生のために、獨協ファミリーの一員として完全ボランティアで、熱意溢れる対応をいただいた飯塚賢太郎先生に心からの感謝を申し上げたいと思います。


参加者の声
●先生のご説明は、医学に詳しくない私にもとてもわかりやすく、いろいろなデマも払拭される思いでした。一つ一つ丁寧な説明で、いろんなことが腑に落ち、またこれからも気をつけな
ければならないことにも、再度気づきがありました。ここに参加できて本当にラッキーだったと思ってます。
●医療関係者の感染症に対する医療行為、ワクチン、予防対策などの発信により、日常が何とか守られているという事がよく分かりました。大学は異なれど、獨協という冠があるだけでこ
んなに医療を身直に感じることができ光栄です。本当に有り難うございました。
●素人の私にも分かるようにご説明いただきまして感謝しております、大変貴重な時間でした。他のご参加された皆様の質問も私が疑問に思っていた内容も含まれており、知りたかったこ
とを知ることができました。やはり獨協ファミリーは素敵な方が多いな!画面を通してですが、人柄も素敵で信頼出来る先生だなと感じました。
●参加者に分かりやすく、ネット記事などを多用して平易に語りかけて頂き興味深くお話しを聞けました。マスコミの報道に右往左往するのでなく、データに基づいて考えるという点で、
まさにコロナを「正しく恐れる」ことを再認識しました。
●新型コロナウイルスに現場で向き合っている先生からのお話を私見を含めて直接聞くのは初めてで大変有意義でした。私は孫がいるので、その辺のお話も聞けてよかったです。獨協大学
だけでなく、獨協学園全体のつながりの中で、いろいろな分野でのご活躍の方々と繋がれるといいですね。
(※他にも多くの参加者からメッセージをいただきました)

関連記事:獨協医科大学病院神経内科医 飯塚賢太郎さん
Dokkyo Alumni NEWS 052
https://youtu.be/Ux9qeyvLu38

 

●参加者募集:獨協ドクターを囲んでの身近な感染症対策/ Q&A セッション

既に一般の方への接種も始まっているCOVID-19 ワクチンですが、幅広い年代となった同窓生の多くの世代はまだこれからワクチンに不安をお持ちの方、これからの生活や仕事はどう変わっていくのか?
獨協大学と同じ獨協学園のファミリーとして獨協医科大学のドクターが快く協力してくださり、同窓生への身近なQ&A セッションを、Zoom 形式で開催します
ワクチン接種を間近に控えた世代、コロナ下でも仕事を続ける世代から、これからの社会生活に不安を持つ方など、幅広い世代の参加者を募集します。

  ・1st.  2021 年6 月30 日(水) 20:00 ~ 21:00
  ・2nd. 2021 年7 月14 日(水) 20:00 ~ 21:00
  ・講師:飯塚賢太郎 先生(獨協医科大学)
  ・内容:前半:感染症の知識とワクチン接種について
        (ドクターからのアドバイス)
      後半:参加者によるQ&A(各回共通)
  ・参加費:無料 ・対象:獨協大学同窓会会員
  ・定員:各回先着30 名
  ・申込:jimu@dokkyo.com まで
      件名を「6 月30 日参加希望」として氏名、卒年、学科を忘れずに

 ※参加者には開催前日にZoom の招待メールを送ります
 ※セッションの内容は同窓会報等に掲載されます
     主催:獨協大学同窓会 広報委員会


●学生の就職支援対策オンラインOB/OG訪問プロジェクト”就活 Meetup”をスタート!

「獨協生の就活サポーター」になってみませんか?
同窓会企画事業委員会では、これまで獨協大学キャリアセンター後援のもと、トークイベントやワークショップを開催する等、在学生向けにさまざまなキャリア支援を行ってきました。このたびコロナ禍での就職活動に不安を抱える在学生の声を受け、新たにオンラインOB・OG訪問プロジェクト”獨協就活 Meetup”をスタートさせます。時間や場所を問わないオンラインのメリットを活かし、地方就職や海外就職の支援にも広げていくことを目指しています。現在、具体化に向けて準備を進めていますが、私達とともにこのプロジェクトに参画していただけるサポーターを募集します。

就活サポーターの役割
獨協就活 Meetupの趣旨にご賛同いただき、協力のお申し出をいただいた卒業生(以下就活サポーター)が、Zoom等のオンラインツールを利用し、学生のOB・OG訪問を受けます。
サポーター登録は、こちらからお願いします。

獨協就活 Meetup就活サポーター登録フォーム

 

 

 

訪問の流れ

留意事項

オンラインOB・OG訪問「獨協就活 Meetup」実施にあたっては、下記「留意事項」をご確認ください。
なお、相談上のトラブル回避と今後の運営の参考のために、アンケートには必ずご協力をお願いします。
アンケート内容は同窓会事務局にて1年間保存いたします。

獨協就活Meetupを受けるにあたっての留意事項(就活サポーター用)

FAQの作成

就活サポーターのご負担を軽減するために、よく相談のある事項については、FAQ(Q&A集)を作成し、同窓会公式ウェブサイト等に掲載していきます。

任期

期間を定めません。継続が難しくなった場合には、同窓会事務局までご連絡をお願いします。

個人情報の取り扱い

就活サポーターとしてご登録いただいた情報は、オンラインOB・OG訪問のためだけに使用し、その他の目的では使用いたしません。また、第三者への開示や紛失・漏洩等がないよう厳重に取扱います。ただし、本企画の後援である獨協大学キャリアセンターへ必要な範囲内で情報提供します。キャリアセンターから直接ご連絡を差し上げる場合がございますのでご了承ください。

不明点・苦情・トラブルの連絡先

獨協大学同窓会事務局にご連絡ください。
E-mail:jimu@dokkyo.com 
TEL:048-941-6865(平日9:00~17:00)

その他

獨協就活 Meetupの内容および運用方法等に変更があった場合には、E-mailおよび同窓会公式ウェブサイト上にてお知らせします。

【参考】学生は今こんなことを聞きたがっている
なぜ今の会社に入社したのか?
今、どんな仕事を担当しているのか?(1日の仕事の流れ)
仕事のやりがいは?今の会社に入ってよかったと思えるのはどんな時?
業界・企業ならではの特徴
U・I・Jターン就職でよかったこと・情報収集は?
新卒で外資系企業に入社するのは難しい?
仕事とプライベートは両立できている?
ワークライフバランスは?(育休・産休・LGBTQ等々)
これまでのキャリアとこれからのキャリアプラン


同窓会はじめてのオンラインWebinar
<Zoomを使いこなそう!>

Webinar実施中のZoom画面 全国から受講生が集まったのはオンラインセミナーならでは

Webinarを行う際のカメラの使い方など実践的な質問が相次いだ

2020年7月の広報ワークショップでは、オンラインツールとして注目されているZoomの使い方と、それらを活用したインタビューやWebinar、ライブ配信のやり方について学習しました。
「Zoomをこれから始める方、初心者の方はもちろん、既に会議などで日常使用されている方も、さらに活用を広げるために、広報委員会メンバーと共に一緒に学んでいきましょう!」とFacebookを中心に呼びかけたところ、数日の募集期間にもかかわらず、広報委員以外にもさっそく全国の獨協生から10名以上の参加があり、Zoomに対する関心の高さが伺われました。
 毎週1回1時間/全三回の予定で始まったWebinar(オンラインセミナー)でしたが、参加者の質問なども相次ぎ、主催者側も嬉しい悲鳴!講師も学習しながら(汗)、追加でもう1回開催。 ほとんどの参加者が当日のオンライン上での初対面、年齢も地域も様々なメンバーでしたが、そこは元々“共に学んだ獨協生”。すぐに一体感を共有しながら、楽しく進めさせていただきました。

 Webinar終了後も、さっそく何人かの受講者からZoomを活用したセミナーやイベント開催などの便りが届くなど、主催者側としても、手応え充分の今後に繋がる体験となりました。
 広報委員会では今後も同窓会活動の中でのZoomの活用拡大のため、引き続きWebinarを実施予定です。日程は同窓会Webサイト、公式Facebookで告知してまいります。


オンライン料理教室「世界とつながる料理体験 スパイス★マジック~インド料理入門~」

受講生がさっそく活用!
自宅にいながら国際交流&異文化体験を楽しむ

8月16日(日)、広報ワークショップ受講者の一人、早野夏子さん(94年法律卒、(公財)大阪国際交流センター)が、Zoomによるオンライン料理教室「世界とつながる料理体験 スパイス★マジック~インド料理入門~」を主催しました。
 当日は、国内・海外あわせて70名が参加。南インド出身の総領事夫人を講師に迎え、身近な材料でつくれるインドの家庭料理を紹介しました。受講中は、主催者側と参加者、参加者同士がZoomのチャット機能を使ってコミュニケーションをとるなど、参加者は自宅にいながら国際交流、異文化体験を楽しみました。